松栄ガス

文字サイズ

  • 中
  • 大

ホーム > ご利用ガイド > ガス料金 > 原料費調整制度


原料費調整制度

ガス料金の調整(原料費調整制度)

原料費調整制度とは

都市ガスの原料としてLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)を使用しており、原料費は為替レートや原油価格の動きによって変動します。原料費調整制度はこうした原料費の変動に応じて毎月ごとにガス料金の単位料金(1m³あたり単価)を調整する制度です。原料費の変動を速やかにガス料金に反映させることにより、料金の透明性を高めるため、原料費調整制度を導入しています。

制度の仕組み

財務省貿易統計に基づく3ヶ月の平均原料価格と、基準となる原料価格(基準平均原料価格)を比較し、その変動分について単位料金(1m³あたりの単価)を毎月調整します。

▲このページのトップへ